会社概要

2019-07-06

ピーター・マイケル シャルドネ "マ・ベルフィーユ" ナイツヴァレー [2015] (正規品) Peter Michael Ma Belle-Fille
■米二大ワイン誌合意…「全米一のシャルドネ使い」。
正規品流入につき価格はKistler&Marcassin以下に。

【Peter Michael Chardonnay "Ma Belle-Fille" Knights Valley 2015】

≪ 三大シングルの頂点 ≫


△ 大・大反響御礼!登録「全世界の」白ワイン全品種
(総計101,429本)の中から【第一位】に選ばれました!【五冠達成】
(※世界総合】米国総合】加州総合】ソノマ各部門一位:2015年1月31日(土)更新分)

ロバート・パーカー暫定100点の’15年入手!
2016年10月に発刊された、パーカー監修ワイン・アドヴォケイト#227にて、ロバート・パーカー自らより見事暫定【RP100点】を獲得した’15年のマ・ベルフィーユを入手して参りました。

後に、新担当のリサ・ブラウン女史により98点+が確定した現在でも、多くの流通ヴィンテージは’14年。まだ’15年のオファーは限られたショップにしか出されておらず、中でも今回は’14年を含めても…の "正規品最安値" にてお届け致します。



それにしても、ベル・コート以上に出回らなくなってしまったマ・ベルフィーユ。従来はマ・ベルフィーユ】ベル・コート】ラ・キャリエールの三大シングルが同グレードにありましたが、’08年にスペクテイターTOP100にて【シャルドネ世界1位】(総合3位)に選ばれ、また準満点の影響もあってか、現在ではマ・ベルフィーユのみが一つ格上とされており、定価も一段高く設定されております。続いてベル・コート=ラ・キャリエールという図式。

ピーター・マイケルのシャルドネ

品種でカテゴライズすればピーター・マイケルには4つの区分(ボルドー系赤、ピノ、S.B.&セミヨン系、シャルドネ)がありますが、作品数的に最も多く、やはりここの「顔」…代表的存在といえる品種がシャルドネ。ピーター・マイケルに対し「True World Class producer.」(真の世界品質生産者)と述べるロバート・パーカーも、殊更にシャルドネに関しては「グランクリュ・クオリティー】アンビリーバブル!」とこれ以上無い賞賛を贈り続けています。

ラインナップはマルチ・ヴィンヤードが一つ(『モン・プレジール/Mon Plaisir』)、三つの単一畑(『ベル・コート/Belle Cote』、『ラ・キャリエール/La Carriere』、『マ・ベル・フィーユ/Ma Belle-Fille』)、そして二つのキュヴェ(『キュヴェ・インディジェン/Cuvee Indigene』、『ポワント・ルージュ/Point Rouge』)の全六種による構成となっております。


こちらでのご案内は、マ・ベルフィーユとなります。

▼マ・ベル・フィーユ(Ma Bell-Fille)

『マ・ベル・フィーユ』(Ma Belle-FilleLa=Daughter in law)は「義理の娘」を意味するもので、ピーター・マイケル3つの単一畑では最も新しく加わったもの(植樹は1999年)。ファースト・リリースの2002年でいきなり【RP95-97点】を獲得して話題となり、その処女作は現地でもオークション級品となっています。また最も標高の高い畑でもあり、1700〜1900フィートの南〜南西向き斜面、土壌は火山性で流紋岩質です。最適とされるクローンにはカレラ30%、マウント・イーデン10%、ハドソン30%、ハイド30%がセレクトされました。標高の高さ、冷涼な気温からより海洋性気候や霧の影響が強く、収穫は最初に行われ、そして最後まで、つまり最も長い期間に渡って行われます。アルコール度数もほか二つの単一畑シャルドネが15%台なのに対し、マ・ベル・フィーユのみ14%台であったことも。豊かで凝縮した風味に重さはなく、育ちの良さを思わせる酸とミネラルの気品漂う味わいは実に優雅。上等な洋菓子を思わせる樽使いはテクニックというよりも感性か…。SBのラプレ・ミディと同様、一般的感覚で言えば料理は必要ありません。

Wine Advocate #227(2016.10)より 【RP98-100点

「The 2015 Chardonnay Ma Belle-Fille was hit less hard by the damaging winds during the blossom than the other vineyards, and production was lower but similar to 2014, with 2,320 cases produced in 2015 versus 2,523 in 2014. This is a multiple-clone selection with Old Wente joining the Hudson, Montrachet and Calera clones in this vineyard, which was planted between 1998-2000. The 2015 Ma Belle-Fille shows notes of baked apples, nectarines, poached pear and honeysuckle in a full-bodied, extraordinarily pure, crisp, zesty style. This magnificent Chardonnay has a finish of close to a minute. It has essentially the same aromatic and flavor profile as well as huge body and concentration that also characterized the 2014, with oodles of caramelized citrus and honeysuckle in its explosive aromatics and intense flavors. Both are fabulous Chardonnays like their siblings and should be drunk over the next 10-12 years.」 (Robert Parker)

Wine Advocate #233(2017.11)より 【RP98+点

「Bursting forth with extravagant tropical and floral notes, the 2015 Chardonnay Ma Belle Fille has nuances of honey-nut pastry (baklava), ginger, cedar and spice cake. Medium-bodied, the pineapple and passionfruit flavor layers are lifted by a seamless backbone and supported with a decadent creaminess, finishing long and spicy.」 (Lisa Perrotti-Brown)

いつものことですが、正規インポーターでは一切の単品販売を行っておらず、実はまず仕入れの段階で単品購入ができないワインだったりします。輸入元在庫があるにもかかわらず、マーケットに流通していないのはそのため。本来はセット販売しかできないシロモノなのです…(汗

パーカーより暫定100点を、リサ・ブラウンより98点+を付与された’15年ヴィンテージを正規品にてお届け!

■表示数限り(最終在庫)です。
■パーカーポイント98-100点
■リサ・ブラウン98ポイント+

≪キスラー、マーカッサン、オベールと並ぶソノマシャルドネBIG4≫
完売致しました。有難う御座いました!

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便
  • 店頭受取